ボクシング名勝負ブログ

読むだけでボクシングに詳しくなる!名勝負を分析。検証。さらには未来の名勝負を予想します。

ロマチェンコVSニコラスウォータース。これが噂のロマチェンコ勝ち。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20190504083432j:plain

プロ入り初のロマチェンコ勝ち

 

2019年5月現在、

パウンドフォーパウンド最強と

言われているのが

こちらのワシルロマチェンコです

(●´ω`●)

 

今では泣く子も黙る

ロマチェンコさんですが、

この試合が行われた、

2016年当時は、リングマガジンの

パウンドフォーパウンドランキングでも

6位とか7位とか。

もちろんランク入りするだけでも

凄いことですが笑

それでも今のロマチェンコを

知っていると、まだまだ当時は

評価が固まっていない時期だった。

と言えると思います。

 

挑戦者はニコラスウォータース。

え?誰すか?(;゚Д゚)

という方のために。

 

www.xn--pckcu0mrev87t1zbp37q.com

 そう。一つ下の階級、

フェザー級の元チャンピオンで

あのノニトドネアに

初めてKO勝ちした

ニコラスウォータースです。

保持していた、

フェザー級のベルトは

自身の体重超過により

タイトルを剥奪され、

ロマチェンコへの挑戦は

2階級制覇への挑戦でもありました。

ウォータースはこのロマチェンコ戦の

ひとつ前の試合で、

格下の選手相手に引き分けてしまい

(ほぼウォータースの勝ち)

やや評価を下げてはいたものの、

この時は無敗でしたし。

この時点でのウォータースに

対する僕個人の評価は、

すごく高かったんです。

もっと言えば、

今後のボクシング界を

リードしていくような選手。

そんな位置づけで考えてました。

クロフォードとかと

同格扱いですよ笑

今だと

何言ってんの?(*゚∀゚*)感が

バリバリあると思うんですが、

この日までのウォータースは

一目置かれる存在だったことは

間違いなかったと。

ここに記載しておきます。

 

そんな状況もあり、

 

正直、僕は

どっちが勝つか

わからない。

と思っていたくらい

興味が持てるマッチメイクでした。

プロモーターのボブアラムも

悪い顔してます。

f:id:gokanno:20190504081202j:plain

 

しかし、いざ試合が始まってみると。

f:id:gokanno:20190504081311j:plain

 

(゚∀゚)

 

f:id:gokanno:20190504081342j:plain

 

(+o+)

 

f:id:gokanno:20190504081417j:plain

 

とまぁ、

見事にロマチェンコの一人舞台。

リングを華麗に舞います。

ロマチェンコが速すぎて

ウォータースの背後に回って

パンチを繰り出したり。

ほんとにダンスしてる?

と思えるほどの余裕。

ロマチェンコは実際にダンスを

習っていたらしいですがw

 

あの強いニコラスウォータースが、

何もできねー。。。

と僕は試合を見ながら

唖然としておりました(;゚Д゚)

 

ラウンドを重ねるごとに

ウォータースの戦意は喪失。

8回のゴングには

応じませんでした。

 

エキサイトマッチの中で

解説のジョーさんが

ウォータースの棄権を見て

”ここでやめるのはダメでしょ”

と戒めていて、

f:id:gokanno:20190504083813p:plain

僕もこの時はジョーさんの意見が

もっともだと思ってました。

が、

今にして思うと

なんのことはない。ただの

ロマチェンコ勝ち

やん(*´▽`*)

で済む話っていうねwww

 

※ロマチェンコ勝ちとは、

WOWOWエキサイトマッチの

中で、解説のジョー小泉さんが

命名しました。

試合の途中でロマチェンコの

対戦相手がことごとく棄権に

追い込まれることが

多発したことにより生まれた

見事すぎるネーミングです。

 

このウォータース戦を含めて

4試合連続。

世界戦で。

ロマチェンコは対戦相手を

棄権させます。

僕も30年くらいボクシングを

見ておりますが。

こんなことができるボクサーは

見たことありません。

 

まさに現代ボクシングの

最高傑作。

 

ギブアップ直前の

ウォータースの表情。

f:id:gokanno:20190504082707j:plain

もう家に帰りたい。

 

誰もウォータースを責めれません。

相手が悪すぎました。

 

ロマチェンコの評価を

グーーーーーんっと跳ね上げた

出世試合。

ニコラスウォータースを

事実上の引退にまで追い込んだ一戦。

まだ見たことない方は

ぜひともご覧ください。

ボクシングの常識を

ロマチェンコが変えていく瞬間です。

(●´ω`●)

 

余談ですが、

最近WOWOWのエキサイトマッチに

ジョー小泉さんが帰ってきました。

 

f:id:gokanno:20190504083859j:plain

 

めちゃくちゃ嬉しいです。

やはりエキサイトマッチは

ジョーさんがいないとです!

(●´ω`●)

f:id:gokanno:20190504083412j:plain

 

Vasyl "Hi-Tech“ Lomachenko vs Nicholas Walters