ボクシング名勝負ブログ

読むだけでボクシングに詳しくなる!名勝負を分析。検証。さらには未来の名勝負を予想します。

ケネディマッキニーVSジュニアジョーンズ。逆転のクロスカウンター

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170112002757j:plain

 

「オレはマッキニー」

エキサイトマッチのジョーさんの

ダジャレでよく使われる。

で有名だった?笑笑

ケネディマッキニーと、

ポイズン(毒)の異名を取った

チャンピオンの

ジュニアジョーンズとの

タイトルマッチです。

ポイズンというと、

言いたいことも言えない

こんな世の中と

歌いだしたくもなりますが(*゚∀゚*)

 

f:id:gokanno:20170112002904j:plain

 

この日のジュニアジョーンズは

唄う余裕はなかったですね( ̄▽ ̄;)

マッキニーの強烈な

カウンターでダウンし、

立ち上がったものの、

もう真っ直ぐには歩けないほど、

深刻なダメージを

負ってしまっていました。

 

f:id:gokanno:20170112002934j:plain

 

ジョーンズは元々打たれ脆い

選手ではありましたが、

マッキニーのパンチの

強さを鑑みると、

仕方のない状況だったと思います。

マルコアントニオバレラに勝って

チャンピオンになったジョーンズ。

マルコアントニオバレラに敗れた

マッキニー。

そのマッキニーが

ジョーンズに勝ってしまう。

ジャンケンのような三角関係ですが、

ボクシングはタイプの相性や

噛み合わせによって、

AよりBが強いから、

BはCより強いみたいな。

単純な話にならないところが

おもしろさの一つですね。

 

相性の良し悪しで

明暗がくっきりしてしまうので

マッチメイクを担当する

マネージャーの責任は重大です。

 

勝負事は、大抵の場合

勝負の前には結果が出ている。

ということが多いですもんね。

(●´ω`●)

 

f:id:gokanno:20170112003008j:plain

f:id:gokanno:20170112003024j:plain

 

この試合はマッキニーの

ベストバウトだったのでは?

ないでしょうか。

マッキニーは3Rにダウンを喰らい

一見追い詰められているように見えて

実はコツコツとカウンターを浴びせて

3R終了時に、

ダメージをより多く受けたのは、

チャンピオンのジョーンズだった

ように見えました。

マッキニーのダウンは、

ジョーンズに攻めさせるための

作戦だった?

と深読みしたくなるほど、

マッキニーのしたたかさを

感じる試合でもありましたね。

 

f:id:gokanno:20170112003055j:plain

f:id:gokanno:20170112003306j:plain

 

それと、どうでもいい感想ですが

なんとなく、マッキニーは

友達が多そうだなとも感じました

(笑)

あのやんちゃな少年の笑顔の

せいですかね。(●´ω`●)

逆転野郎のケネディマッキニーの

KO劇ぜひぜひご覧ください。

( ´ ▽ ` )ノ

 

Kennedy McKinney - Junior Jones

----------------------------------------------------------------------------

意外に、テリーノリスの記事が人気です。(笑)

 

gokanno.hatenablog.com