ボクシング名勝負ブログ

読むだけでボクシングに詳しくなる!名勝負を分析。検証。さらには未来の名勝負を予想します。

ユーリVSムアンチャイ②ユーリの見事すぎる敵地防衛。灼熱のリマッチ。

 

www.youtube.com

 

f:id:gokanno:20161202022946j:plain

ユーリ海老原とムアンチャイキティカセム

因縁の再戦です。

今回は立場を逆転して、

ユーリにムアンチャイが

挑む形になりました。

しかもタイで(((゜Д゜;)))

 

当時のインタビューで、

記者がユーリに、

「今回は敵地のタイに乗り込んでの

防衛戦となりますが、

不安はありませんか?」

という質問に対して

ユーリは一言、

ノープロブレム

(問題ない)

とかっこよく言っていたので、

私もノープロブレムを

日常でよく使ってました(笑)

私の場合は問題だらけ

でしたけど( ´ ▽ ` )

 

結果的にほんとに

問題ないところが

ユーリの凄さですが、

改めてこの試合を見直してみると、

第一戦とは

やはり違う展開だったんだなと。

同じようなラウンドでの

KO決着だったことや、

KOシーンの印象が強すぎたことで、

他のラウンドの記憶も

薄くなってたと思います。

こんなに序盤は神経戦だったのか、

とか。

ムアンチャイは距離を取る戦術で、

ユーリが出てこれないように

工夫してるとか、

ムアンチャイの研究と頑張りで

いい内容のリマッチに

なったんだと思います。

両者同じような

アップライトの

ボクサーファイタータイプで

ほんとによく噛み合うなぁ

という感じですね(*´ω`*)

左の差し合いだけ見ても

レベルが高いなぁと

感嘆しちゃいます。

 

f:id:gokanno:20161202023024j:plain

 

ユーリは特別なことを

してるわけではなくて、

ボクシングが非常にシンプルです。

左ジャブ左ジャブ

ワンツーストレート。

ほとんどがこのパンチで、

たまに左フックの

返しなどありますが、

元々才能あるボクサーが

徹底的に基本を磨くと

誰も届かない領域に

いくのだなと思いますし、

それと同時に

ディフェンスの巧さっていうか、

ユーリは

パンチもらわねぇー

(*゚∀゚*)

 

f:id:gokanno:20161202023047j:plain

 

ムアンチャイとの差は

オフェンス力ではなく、

守りの差。

ディフェンス力の差が

出てしまった感じです。

同じタイプのボクサーだけに、

精度の差がわかりやすく

色濃くなりますね。

敵地タイでのKO防衛。

さすがはユーリ。

今見てもめっちゃ強いっす

( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:gokanno:20161202023104j:plain

引退後のムアンチャイさん

ユーリ・アルバチャコフVSムアンチャイ・キティカセム第2戦