ボクシング名勝負ブログ

読むだけでボクシングに詳しくなる!名勝負を分析。検証。さらには未来の名勝負を予想します。

ハグラーVSハーンズ 黄金の3ラウンズ。ラストの失神KOシーンは必見。

 

www.youtube.com

 

f:id:gokanno:20161110225508j:plain

かっこよすぎ。

f:id:gokanno:20161110225536j:plain

 

ボクシング好きでこの試合を

見たことない人はいないであろう、

クラシックの中のクラシック。

完璧な名勝負、

チャンピオンの

マーベラス”マービンハグラーに

トーマス”ヒットマン”ハーンズが

挑戦した試合です。

試合のキャッチコピーは

大げさだったけど、

内容は普通だった。。。

みたいな試合も多い

ボクシング界ですが、

ハグラーとハーンズの

”ザ・ファイト”

キャッチフレーズそのまんまの

試合となりました。

 

f:id:gokanno:20161110225613j:plain

(映画のワンシーンみたいです。)

 

試合前から期待され、

ここまで激しく熱狂できる試合は

珍しいと思います。

特に1Rは圧巻です(((o(*゚▽゚*)o)))

ハーンズの右でハグラーの

額が切れるっていう(笑)

レフェリーのリチャードスティールも

後日、

「パンチで顔面が裂けるのを

初めて見た」

と証言していました。

そんなリチャードスティールの

髪型は完全にライオネルリッチーですが

(*゚∀゚*)

髪型に目がいって、

試合に集中できません。

さらにハーンズまでも

ライオネルリッチー状態なので、

リングに二人のライオネルですよ。

 

♫セイユー

セイミー♫(゚∀゚)

 

f:id:gokanno:20161110225746j:plain

www.youtube.com

 

やっぱ80年代のアメリカは

この髪型が流行ってたんですかね^^

 

話が脱線しましたが。

ハーンズのセコンドとしては、

もっと距離を取って

前半は打ち合わないように作戦を

立てたかったんでしょうけど、

ハーンズの闘争心が

それをさせなかったんでしょうか。

ハーンズはめちゃめちゃ好戦的な

性格だったみたいですから、

熱くなっちまったんでしょうね

(*°∀°)=3

そんなハーンズが私は

大好きなんですが(笑)

ハグラーはバリバリの

ファイターで、生粋のミドル。

ということもあって、

元々打たれ脆いハーンズとは

パンチに対する耐久力にも

差があった感じです。

ハグラーは

ハーンズのパンチがモロに入っても

あまり効いてる素振りがありません。

やせ我慢だったかもですが、

ハーンズとしては

今までなら相手が倒れたパンチなのに

全然ひるまない姿に

ビックリだったはずです(((゜Д゜;)))

「マジかよ!!

これで倒れないの!!?」

(ハーンズ心の声)

昔、アーロンプライヤーと戦った

アレクシスアルゲリヨも

同じような感想を

プライヤーとの試合の中で

感じたと言ってましたね。

KOシーンは歴史に残る

名シーンとなりました。

 

f:id:gokanno:20161110230314j:plain

f:id:gokanno:20161110230331j:plain

 

まさにマーベラスな試合で

ハグラーにとっては

ベストバウトだったと思います。

前に何かの雑誌で読んだのですが、

ハグラーはちゃんと

マーベラスを付けて呼ばないと

怒られるって話がありましたが

もし本当なら、

芥川龍之介みたいな男ですね。

芥川氏も龍の字が間違えている手紙は

読まずに捨てたという逸話があります。

f:id:gokanno:20190509172438j:plain

 

って

どうでもええがな(;゚Д゚)

という声が聞こえますので

このへんで(●´ω`●)

何度見ても熱くなれる試合なので、

ぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Marvin Hagler vs Thomas Hearns