ボクシング名勝負ブログ

読むだけでボクシングに詳しくなる!名勝負を分析。検証。さらには未来の名勝負を予想します。

私の生涯ベスト級の試合。アズマーネルソンVSジェフフェネック②涙雨のKO決着。

 

www.youtube.com

f:id:gokanno:20190526014340j:plain

 

前回の記事にUPした

ネルソンVSフェネックの再戦です。

第一戦の判定の結果を

不服としたフェネックにとっては

何が何でも

勝ちたい試合だったと思います。

しかも今回はフェネックの地元の

オーストラリアでの開催となり、

ラスベガスの時とは

打って変わってフェネックへの

大声援。

しかも雨模様っていう笑

そんな中、

試合開始となりました。

まず注目してほしいのは

入場の時のネルソンの

表情なのですが、

リラックス状態で

集中力が最高潮という感じで、

すごく良い表情です。

前回あれだけ苦戦した相手と

敵地でこれから戦うとは

思えない顔です笑

完全に心臓に毛が生えてます。

(*゚▽゚*)

ここら辺のメンタルの

作り方が上手いからこそ

ネルソンは長くチャンピオンで

いられたんだろうなぁと思います。

ある種、

衝撃的な入場パフォーマンスです。

元々、フェネックは

スロースターターということも

あるのでしょうか?

前回の試合でも1R2Rは

ネルソンが優勢に見えました。

今回は前回よりも

プレッシャーもかかっていたのか、

フェネックは、

一段と硬く見えます。

その立ち上がりの1Rに

ダウンを喫したことで

その後の展開が

厳しいものとなります。

2Rはスリップ気味のダウンを

取られることもあり、

焦燥感も増した感もあり。

 

3Rの終了後にエキサイトした

フェネックが膝蹴りを

入れてますからね(笑)

焦っていたんでしょう。

勝負事というのは感情的な要素、

喜怒哀楽。

全て邪魔と聞いたことがあります。

この日のフェネックは

冷静さが完全に欠けていたように

見えます。

前回はフェネックの

右ストレートがネルソンの顔面を

捉えるシーンが多く、

連打もシャープだったのに

今回はストレートも少なく

消極的なフェネック。

1Rにもらった右や、

2Rで滑ってダウンしたことで

踏み込めなくなって

しまっているのか。

上半身と下半身の動きが

バラバラに見えます。

2度のダウンは精神的なダメージも

大きかったのかもしれません。

ネルソンとフェネックは

実力伯仲の二人だと思いますが、

この試合ではネルソンの

圧勝という形になりました。

たった一つのミス、

一つの歯車が狂うと

取り返しがつかない。

トップレベルのボクサー同士の

試合はなんて厳しいんだろうかと

思います。

ボクシングは

殴り合いではありますが、

このように心理的の要素が

勝敗に大きく関係してくるところが

観ている私なんかは

すごくおもしろく感じます。

この試合からネルソンの

大ファンになりました^^

リマッチならではの

策略と雰囲気を

楽しんでいただけると思います。

私の生涯ベスト級の一戦です。

(●´ω`●)

 

 こちらは第一戦。こちらも必見です。

www.xn--pckcu0mrev87t1zbp37q.com

 

Azumah Nelson v.s Jeff Fenech